新卒看護師 志望動機

新卒看護師の履歴書と志望動機

イメージ

新卒看護師として受け入れ先の病院を探す際に、応募にあたり履歴書を作成しますが、履歴書の書き方、そして志望動機で悩む方は多いそうです。

履歴書は通常販売されているフォーマットで問題ありません。

最近はパソコンで印刷した履歴書で応募をする方も増えてきていますが、採用側からするとやはり手書きで一字一字丁寧に書いた履歴書は好感が持てます。

印刷で応募をする場合には、日付などが過去のものだと「ああ、使い回しね」と一気にマイナスの持つ人事担当者もいますから気をつけてください。

履歴書の書き方で大切なポイントをまとめたいと思います。

一字一字丁寧に書く、鉛筆で下書きをする(別用紙にまとめて清書する)、文字はバランス良く見やすく、写真はプロが撮影したものを使う、などの部分は前提となりますから省略します。

採用側が履歴書で重視するポイント

履歴書は応募する側(新卒看護師)から見ると、あまり差が出しにくい応募書類、のように感じるかもしれません。

しかし、数多くの履歴書を目にし、選考する採用担当者からすると大きな差が見えてくる応募書類です。

●証明写真の第一印象

まず、写真の第一印象はものすごく大切です。
ですから、プロが撮影する写真を使いましょう、好感が持てる明るい印象の写真を貼りましょう、と言われるわけです。

暗い写真が貼ってあった場合、不採用に気持ちが傾く人事担当者は多いです。
まして看護師は患者様を明るく元気づける役目を持ちますし、忙しい時こそ前向きに頑張る底力が必要です。
写真はとても大切ですから、ぜひ印象の良い写真を使って頂きたいと思います。

●志望動機

志望動機に関して、迷う方も多いと思います。
新卒看護師ですから、採用側としては熱意を持って仕事をしてくれる看護師を採用したいと考えています。
即戦力となる程の能力はあまり期待していないのが実際の所でしょう。
そのためにプリセプター制度やテクニカルラダーといったものを用意したり、研修を実施したりしています。

志望動機の書き方に関しては「もし採用してくれたら、こんな看護を実践していきたい」といった想いを相手に分かりやすく、素直に書くことを意識すると良いのではないでしょうか。

病院に合わせて志望動機はもちろん考える必要があります。
なぜ急性期病院に興味を持ったのか、ICUで働きたいと思ったのかなど。

集中治療室(ICU)は新卒看護師に人気の職場ですね。
実際にはなかなか配属されることは難しいのですが、志望動機次第ではいけるかもしれません。

病院の理念や特色を調べて、それに結びつくように志望動機を作るように意識してみてください。

●得意な学科

履歴書のフォーマットによっては、得意な学科欄があります。
ここはそのままです。

消化器疾患、老人看護学など実際に得意な学科を書くと良いでしょう。

●本人希望欄

グループ病院があって勤務地域が複数あるなどの場合には、職種、勤務地の希望があれば記入する箇所です。

1カ所しか病院がない場合などは、記入する必要はありません。

診療科の希望がある場合には、柔らかい書き方で書くと良いでしょう。
「絶対小児科に勤務したいです」などはあまり書かない方が良いでしょう。

新卒看護師の就職先もご覧になってみてください。