急性期病院 就職

急性期病院への就職をお考えの方へ

イメージ

新卒看護師の入職先として、急性期病院を選ぶ方は多いですね。

その理由はやはり「急性期病棟を経験すると鍛えられるから」となります。

先輩看護師に聞いても、多くの方は、急性期病棟で何年か働くと看護師としての基本が身につくから大変だけど頑張って、と言うと思います。

新卒で慢性期や療養型病院へ就職してしまうと、あまり身につかずその後潰しが利かない可能性が高くなります。
どんな看護師として活躍していきたいのかにもよりますが、看護師として医療の現場で活躍したい、患者さんに役立つスキル、能力を身につけてしっかり看護を実践していきたい、と考えているのであれば、やはり急性期病棟で数年働く方が良いでしょう。

急性期病棟で働く事で、様々な疾患、状態の患者さんを看護することになります。
症例は多く見た方が良いですから、こうした経験が出来るのも急性期病棟ならではといえます。

急性期病院には、重傷の患者さんも多く入院していますし、時に1分1秒を争うような重篤な搬送もあるでしょう。
こうした経験を乗り越えることで、看護師としての能力は格段に向上していくと言われます。

仕事は確かに大変です。
しかし、その分だけ看護師として経験を積めるため、その後の転職では選択肢が非常に広くなるそうです。

どの看護分野に進もうとも、急性期病院での経験は買われると言います。

ですから、多くの新卒看護師の方は、まずは急性期病院へ入職して看護師の基礎をしっかり固めて、それから本来自分がやりたかった看護の道へ改めて進んでいく方が多いようです。

学校経由での就職先探しで、興味をもてる求人がない、他にも色々と情報を得て比較して応募先を決めたい、といった事もあるかもしれません。

もしそうした場合、新卒看護師の場合であっても看護師人材紹介会社など利用するのも一つの方法です。

転職支援実績、求人数などでいうと、以下の人材紹介会社は信頼して利用できるでしょう。

などの看護師人材紹介会社などを利用して、就職先探しについて相談をしてみると良いかもしれません。

また、これら看護師人材紹介会社は入職後1年未満で退職してしまった場合や、第二新卒看護師としての転職支援も行っています。

看護師としての今後に迷った場合にも、多くの転職事例から参考になるアドバイスをもらえるでしょうから、活用してみて頂きたいと思います。