新卒看護師 受け入れ先

新卒看護師の受け入れ先選びについて

イメージ

新卒看護師の多くは看護学校付属の市立病院であったり、大学病院で働いて外来看護師、病棟看護師などを経験、色々な症例を経験して看護師として力を付けていく事が多いです。

看護師は人の命を預かる職業。
たとえ手術などに関わるポジションではなくても、自分が適切に対応できなかったり、判断ミス(連絡ミスなど)で人が亡くなる可能性のある仕事です。

中小規模の病院やクリニックなどでは人が足りませんし、教育機関という役割は薄いですから、新卒看護師に対しての教育は、あまり期待しない方が良いです。

ですから、看護師として自信をもってこの先働いていく上でも、大学病院などで最低数年、しっかりと働いて多くの患者様と関わり、出来るだけ多くの症例を経験することで一生看護師として働いていく事ができるスキル、経験、自信を身につける期間と考えると良いかもしれません。

その後、本来やりたかった看護師としての仕事に転職をされる方はとても多いですね。
これは、私が会ったことのある看護師全ての方が言っていたことです。

「きつかったけれど最初は大学病院で看護師の仕事をしてきたから、今の仕事につながっている。本当にいろんな事を勉強できたよ」ということは本当に多くの看護師さんが言ってますね。

人の死を目の当たりにする事もあるでしょう。
その時のご家族との関わり方なども、糧にすべきです。

病棟勤務をしていると、実に色々な方と出会うことになります。
ご家族が全然見舞いに来ないで寂しそうな高齢者の方もいます・・。

面会時間が決まっているのに朝から夜まで彼氏が来たり、家族が来てしゃべっている、他の患者さんからうるさいとクレームが来るような患者さんも。
明らかに堅気ではない感じの方の入院もあるでしょう。

診療科によっては認知症の方の入院も多いです。

ですから、最初に総合病院で経験を積んでおくことは、看護師として必ず役に立つと思います。

とはいっても、勤める以上はできる限り働きやすい病院で働きたい!と思うのが普通です。

そこで、新卒看護師の就職先選びで重視したいポイントをまとめてみました。

新卒看護師の就職先選びのポイント

1.教育、研修制度がしっかり整っている

2.希望の診療科、配属先を選ばせてくれる

3.給料が高い

といった所を重視すると良いでしょう。
人によっては給料はそれほど重視しない看護師の方もいますから、優先度は低めに書いてみました。

新卒看護師であっても、転職サイトの利用は可能です。

周りはなんとなく流れで大学病院に入職しているけど、私はもう少し他の選択肢も考えてみたい・・・というような場合には、一度相談をされてみても良いと思います。

新卒看護師 求人【履歴書の書き方、志望動機の作り方】リンク

弊社がおすすめしている看護師転職サイト、人材紹介会社はこちらです。

入職先、受け入れ先病院探しに迷っている看護師さんは、無料登録でアドバイスを貰う事ができますから、相談してみてはいかがでしょうか。

一人で悶々と悩むよりも、次の行動に繋がると思います。