30代 新卒看護師

30代以降の新卒看護師でも就職はある?

イメージ

民間企業に勤めた後、看護師を目指される方が増えているようです。

20代後半でナースを目指せば卒業後に30歳以上になる、その際に就職先はあるのだろうか? と不安をお持ちの方も多いですね。

結論からお伝えしますと、30代の新卒看護師でも就職先は充分見つかります。もちろん地域やタイミングにもよりますが、東京・大阪などの都市圏では、30代以降の新卒看護師も働きやすいと言えるでしょう。

中には40代の新卒看護師でも就職先があるようです。もちろん20代の新卒看護師と比較すれば、不利は否めません。病院の採用担当者も、履歴書を見る際は20代を優先すると思います。

しかし、そもそも看護師は人材不足です。今後さらに進行する高齢化社会の中で、より多くの看護師が求められますから、30代以降の新卒看護師にも充分にチャンスがあると言えるでしょう。

今まで全く働いたことがない、職歴が無い場合は別かもしれませんが、民間企業で勤めた経験がある場合は、その経験をアピールすることも可能です。

患者さんとの対応やコミュニケーションが大切な仕事ですし、その職場への適応性も大切になるでしょう。その際に、今まで働いていた会社でどのような役割を担ってきたのか、という部分は非常に大切になります。

看護師専門の人材紹介会社を利用しましょう

会社勤め自体、協調性が無ければ勤まらない仕事ですし、顧客対応や営業・事務職の経験も、看護師の仕事に生かされるのではないでしょうか。

そのようなスキル・キャリアをアピールすることも出来ますので、30代以降の年齢でも、積極的に看護師求人を探してみて下さい。

その際は看護師専門の転職サイト・人材紹介会社の利用をおすすめ致します。人材紹介会社には転職のプロであるキャリアコンサルタント(アドバイザー)が在籍していますので、彼らに相談することで、30代、40代の看護師就職状況も教えてもらえると思います。