看護観

看護観は人それぞれです

イメージ

看護についてどう捉えているか、考えているかを看護観と言いますが、ナースによって様々なんですよね。

学校で実習を行う中で培った経験、実際に看護師として病棟や外来で働く過程で感じたこと、経験を重ねた上で看護師について思うことなど、置かれている立場や状況、経験年数によっても変わる部分かもしれません。

患者さん1人1人を大切にするという看護観もあれば、常に相手の立場に立って考えることを優先するナースもいるでしょう。

怪我や病気だけでなく、心のケアまで含めた看護を考えているナースもいれば、命を預かる看護師として常に集中力と緊張感を持続させるという看護観もありますね。

そのように看護観は人それぞれですし、何が正しいわけでもありません。しかし看護観が自身の中で明確になると、日々の仕事にも張り合いが出ると思いますし、スキルを身に付けるスピードも早くなるかもしれませんね

そのため、新卒看護師として求人探しを行う前に、まずは看護観について考えてみてはどうでしょうか? そのことが結果的に履歴書や志望動機の作成に活かされると思います。

看護観を明確化するメリット

看護観が明確になっていると、「なぜ看護師として働きたいのか?」「どのような看護師になりたいのか?」もイメージ出来ますし、面接時に採用担当者の質問に答えやすくなるんですよね。

そうすれば採用担当者の印象も良くなりますし、情熱や意欲が伝わりやすいのではないでしょうか。

看護観については、人材紹介会社のエージェントと面談する中で見えるケースもありますね。自分では気付かないことも、キャリアコンサルタントと話す過程で明確になったり、志望動機や自己PRも含めてプラスに働くと思います。

看護師紹介会社は無料で利用できますし、登録することで非公開求人の紹介も受けられるようになります。

非公開求人の中には好条件、高給与の看護師募集が多いと言われていますし、まずは実際に登録されてみて下さいね。