新卒看護師 復職

新卒看護師の早期退職と復職について

イメージ

新卒看護師の離職率は約8%、これを多いか少ないか、どちらに感じるかは人それぞれなのですが、早期退職後の看護師の再就職はどういった状況なのでしょうか。

ちなみに、転職希望時期は4月が最も多く、次いで8月~10月、そして1月~2月が多いです。

4月転職希望は区切りが良いですし、新しい病院や介護施設で働くにしても区切りが良いですよね。
新しいスタートを切るのには、ちょうど良い時期です。

次の8月~10月、1月~2月。
これはそうですね、ボーナス支給後の時期となります。

新卒看護師として勤めて1年目はボーナス(賞与)は出ないことがほとんどでしょうから、ボーナスをしっかり貰ってから辞めたい、となると2年目からとなるでしょうか。

忙しい看護師の仕事
退職後に少し休みたい、遊びたい、ということで1ヶ月ほど休んで再就職するために転職活動を始める、といった看護師は多いと言います。

正直なところ、最初の職場選びは失敗したと感じている方も多いようです。
社会人経験の無い学生が職場を選ぶときには、やはり選定眼もそれほど鍛えられていませんし、実際の所は働いてみないと分かりませんよね。
特に人間関係や仕事の進め方、ドクターの考え方、行動など
残業がどのくらい長いのか、なんて言うことも働いてみて初めて分かることでしょう。

第二新卒看護師の就職先、受け入れ先病院探し

残念ながら早期退職をしてしまったとしても、次ぎも看護師として常勤で働きたい、と考える看護師は多いと言います。
学校を卒業して3年以内であれば、第二新卒看護師として扱われ、新卒に近い形で採用されるケースもあります。
これからに期待して採用される事になりますから、中途採用ではありますが第二新卒看護師として研修制度などバックアップ体制を整えている病院もあります。

自分の看護技術、知識が最初の病院ではそれほど身につかなかった・・・と悩みをお持ちの看護師の方は、こうした研修制度や教育制度、カムバック支援を整えている病院を看護師人材紹介会社など通じて紹介してもらうと良いでしょう。

こうした内部の体制というのは、なかなか求人サイトで求人を調べても実際の所は見えてこないもの。
紹介会社を通して情報を得る事で、効率的に求人情報を得ることが出来ます。

第二新卒看護師を積極的に採用している病院に関する情報も得られるでしょうから、そうした病院を中心に転職活動をされると良いと思います。

弊社がおすすめしている看護師転職サイト、人材紹介会社はこちらです。

入職先、受け入れ先病院探しに迷っている看護師さんは、無料登録でアドバイスを貰う事ができますから、相談してみてはいかがでしょうか。

同じように早期退職した方の転職事例などを聞くのも参考になると思います。