新卒看護師 就職

新卒看護師の病院以外の就職先について

イメージ

看護師になる!という目標を持って看護学校へ通ったり、大学へ通って勉強し、研修を受けいよいよ就職先探し、入職先探しとなります。

このとき、一般的にはやはり病院へ就職する事が多いですよね。
大学病院や総合病院へ入職して、病棟や外来、手術室看護師として勤務し、看護師としての基礎的な能力を身につけていくことになります。

しかしこの就職先を決める、というタイミングで色々考え、やっぱり病院以外で働きたい!就職したい!
と思う学生さんもいるでしょう。

実習をしている間に、「病院で働きたくない・・・」という気持ちが固まる方もいます。
それが事実なのでしたら、無理に押さえつけて働く事もないと思います。
無理に看護師として病院で働いたとしても、良い看護は出来ないでしょうし、遅かれ早かれ退職する可能性も高いためです。

もし病棟看護師としての勤務がイヤなのであれば、外来看護師として勤務したり、新卒としてクリニックへ就職活動をするという道もあります。
医療行為が少ない介護施設へ就職したりするといった事も出来るでしょう。

病院で働く看護師になりたくない、と言うのであれば保育園看護師を目指す道もありますし、一般企業に勤める事も可能でしょう。
一般企業へ応募をするのであれば、志望動機はしっかりと考えておきましょう。
なぜ、看護師ではなく企業へ就職しようと思ったのか。また、パソコンスキルは今は必須ですから、もし使えなければある程度は勉強しておく必要があるでしょう。

製薬会社への就職の可能性

製薬会社への就職も可能性があるかもしれません。
MRなどは未経験であっても就職できる可能性があります。
未経験者も積極的に採用している職種ですから、検討してみても良いかもしれませんね。

もしくは数年だけ頑張って働く事で、看護師として臨床経験を積むことができますから、そうすればその後の転職先は非常に増えるでしょう。
実務経験のない看護師は、なかなか就職先を決めるのは難しいのが現実です。

看護師として働くのであれば、よほど就職先を選ばなければ就職先はほぼ100%見つかります。
これは一般企業で働く人から見ると、驚異的な数字です。

新卒看護師として病院以外の就職先を探す場合、色々な選択肢がありますが、いずれにしても後悔しないように真剣に進路を決めたいですね。